事業行動計画

株式会社フローラ行動計画

1. 女性活躍推進法

「従業員一人ひとりが持てる力を最大限に引き出し、伸ばしていける体制づくり」というグループ人事のビジョンに向け性別や雇用形態にかかわらずすべての従業員が活躍できる基盤の構築を進め、多様な人材が能力を発揮する環境づくりに取り組む。

全従業員における女性比率は約66%であり、性別役割分担という意識は少なく、育児休業や育児短時間勤務の積極的な取得を推奨し、女性が管理職として活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

計画期間

平成30年4月1日〜平成33年3月31日

当社の課題

課題1: 男女の継続勤務年数に大きな差は見られないが、管理職に占める女性の割合が低い。
課題2: 管理職を目指す女性が少ない。
従業員数:約420人(うち女性 約280人)
女性管理職比率:課長級60%、部長級25%、次長級42%、役員60%

目標

管理職(部長級)を30%以上とする。

取組内容と実施時期

取組1:採用に関する取組

平成30年4月〜 男女公正な採用を前提としながら、採用面接官の女性の比率を50%以上にする。
採用に際してじっくり面談をして、働き方のアドバイスをしながらできるだけ正社員の採用を促す。
パート社員から正社員への登用を積極的に促す。
平成30年6月〜 働き方アドバイザーの育成と現状の把握をする。
平成31年4月〜 働き方アドバイザーがパート社員と面談を開始する。

取組2:継続就業に関する取組

平成30年10月〜 育児休業中のフォローは、部署内全員で行いスムースに職場へ戻りやすい環境づくりに取り組み、職場復帰に向けての面談を定期的に開催し、フォローアップを実施する。(男女共)
平成30年10月〜 育児、介護、配偶者の転勤等を理由とする退職社員に連絡、その都度相談に応じる。

取組3:長時間労働是正など働き方の改革に関する取組

平成30年4月〜 計画期間中、毎週1日 個人毎にノー残業デーを設定して、実施率95%以上を目指す。

取組4:女性の積極登用・評価に関する取組

平成30年7月〜 プロジェクトリーダー研修の為の会議
平成30年9月〜 プロジェクトリーダー研修を毎月1回開催する。
平成31年4月〜 プロジェクトリーダーを任命する。

2. 行動計画 次世代育成支援対策

社員が仕事と子育てを両立させることができ、社員全員が働きやすい環境をつくることによって、全ての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

計画期間

平成31年4月1日〜平成34年3月31日までの3年間

内容

目標1:計画期間内に育児休業の取得状況を次の水準にする。
女性社員は期間内の対象者100%維持。
男性社員の取得が無かった為、同目標の期間内で1名以上取得推進を行う。

<対策>

平成31年5月〜 育児休業制度の内容や男女別の取得状況を管理職会議や社内メールで継続的に周知及び、対象者へ個別働きかけを実施。
平成31年12月〜 若年層及び該当既婚者へ育休制度の定期講習会での刷り込み、及び経験者との座談会の実施

目標2:年次有給休暇の取得を促進

<対策>

平成31年6月〜 休暇を取得しやすい雰囲気をつくる為、管理職から率先して年次有給を取得する
平成31年10月〜 年次有給取得が少ない社員の業務量及び内容を確認し、必要に応じて業務分掌し、システム化の検討

目標3:若年層に対するインターンシップ等の就業体験機会の提供。トライアル雇用の推進

<対策>

平成31年6月〜 全体会議で社員への実施説明、地域学校機関への案内説明
平成31年12月〜 ホームページ等で職業体験機会の情報を広告する
各種お問い合わせはこちらから