フローラメモリアルホール

スタッフブログ

STAFF BLOG

冬至って何?

                                                                                                                                                                        お世話になっております。
メモリアルホール桜の玉手和樹です。

 

今年もいよいよラストスパート。
夕方になると、あっという間に真っ暗で日が短くなったと感じる今日この頃です。

さて、日が短くなってくると、そろそろ冬至。そんな気持ちになりますね。

 

 

2019年の冬至は12月22日。

「冬至を境に運も上昇する」といわれるほど冬至は大切な日なんだそうです。

 

 

冬至の日には、かぼちゃや小豆粥を食べたり、柚子湯に入ったり。昔からの風習を大切にして過ごしたいものですね。みなさんは冬至の準備はもうお済みでしょうか。

 

 

冬至とは24節気の一つで、1年で夜が最も長く昼が短い日です。
冬至の別名は「一陽来復(いちようらいふく)の日」といいます。

 

 

中国や日本では、冬至は太陽の力が一番弱まった日であり、この日を境に再び力が甦ってくるという前向きな意味合いを含んだ言葉だそうです。

 

 

冬至を境に運も上昇するとされているので、かぼちゃを食べて栄養を付け、身体を温める柚子湯に入り無病息災を願いながら寒い冬を乗りきる知恵とされています。

 

 

お正月の後にお粥としていただく「春の七草」は有名ですが、冬の七草というものもあるのをご存知でしょうか。

 

 

冬の七草
1. なんきん(かぼちゃ)
2. れんこん
3. にんじん
4. ぎんなん
5. きんかん
6. かんてん
7. うんどん(うどん)

すべてひらがなで表記したのには理由があります。

この冬の七草は、「ん」が2つある食べ物なので運をたくさん取り込む「運盛りの野菜」といわれ、冬至を境に運を盛り返す意味でかぼちゃを食べられるようになった由来の一つです。

 

 

昔は現代と違って野菜を1年中食べることは難しい時代でした。

そのため、ビタミンなどの多くの栄養を含むかぼちゃを、野菜の不足する冬の時期に食べることで、厳しい冬を元気に乗り切ろうという江戸時代の人たちの「冬至の日」への想いが込められています。

 

 

皆さんも、冬至には冬の七草を食べて、これからの寒さを乗り切りましょう。

 


メモリアルホール桜

2019年12月18日