フローラメモリアルホール

スタッフブログ

STAFF BLOG

思い出の曲

こんにちは。ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

カスタマー開発事業部の亀尾裕美と申します。宜しくお願い致します。

 

突然ですが、皆様ご自身の思い出の曲はありますか?

この曲を聴くとあの頃を思い出す…という事はよくありますよね。

私も数々思い出の曲はありますが、一曲あげるとすると、Ⅹ-JAPANのエンドレスレイン(笑)です。

若い頃、音楽を専門的に勉強していたので、クラシック一辺倒と思われがちですが、実はYOSHIKIファンであり、彼の作る曲が好きです。

 

 

こちらは2年程前に浜松に行った際、駅構内にYOSHIKIのクリスタルピアノが展示されていました。

さすが!楽器の街・浜松ですね。

その時私一人でしたが、偶然の出会いに思わずテンションが上がり、何枚も携帯で撮影しました。

現在も私のプロフィールはこの画像を使用してます。

 

エンドレスレインは私がまだ二十歳の頃、当時中学生だった知り合いの男の子が教えてくれた曲でした。

最初は髪の色が赤や紫のよく分からないバンドだなと思っていましたが、この曲を初めて聴いた時、繊細なピアノの音色が心に響き、彼らに対する価値観が一変しました。

 

この話には続きのエピソードがあり、中学生の彼はピアノが一切弾けなかったのですが、文化祭で弾き語りをしたいと無謀にも言い出し、少しずつ練習に付き添いながら、とうとう頑張って最後まで弾く事が出来るようになりました。

 

誰かの力になれた、そんな大切な時間を共有できた思い出の曲です。

 

 

今音楽イベントなどコロナ禍の為、自粛・縮小になっていますが、おうちで過ごす期間、音楽の力により支えられた方も多いと思います。芸術文化も新しいライフスタイルの変化に適応しながら、これからも私たちの生きる活力になっていって欲しいと願わずにはいられません。

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

 


メモリアルホール白石

2020年6月30日