この資格制度は、アメリカ合衆国をはじめ欧州などで、『消費者保護』『葬儀に関する幅広い知識』『設営に関する高度な技術』『葬儀に関する正確な情報』を適正な価格にて提供し、且つ葬祭業務の社会的重要性と信頼性、そして技能の向上を図る為に、葬祭業界に従事する者は『フューネラルディレクター』と呼ばれるライセンス(国家資格)を取得することが義務づけられております。

日本においては平成8年3月に労働省(現厚生労働省)で『葬祭ディレクター』資格として公示されました。『葬祭ディレクター』の技能審査制度は、社団法人全日本冠婚葬祭互助協会と、全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の協調の基に『葬祭ディレクター技能審査協会』を設立し、この協会が『資格試験』を行い、厚生労働省が資格を認定するというものです。

新しく創設された『葬祭ディレクター』は、その資格(1級・2級)が消費者の皆様の葬祭業者を選択する大きな目安となることでしょう。

フローラメモリアルホールグループでは『葬祭ディレクター』が、御葬家様の身になって葬祭儀礼を真心を込め、責任を持ってサポートさせて頂いております。

各種お問い合わせはこちらから