フローラメモリアルホール

スタッフブログ

STAFF BLOG

念珠

こんにちは。高山メモリーの大楢顕真と申します。

はや、12月となり、今年も終わろうとしています。年々月日が経つのが早く感じられ、気持ちはまだまだ若いつもりで居ますが、仕事が忙しい時の疲れのたまり具合や、身体の痛みがを感じるごとに年を実感します。

12月に入って、寒い日があったかと思えば、温かい日が続くなど、異常気象のせいかもしれませんが、体調を整えて、良い正月を迎えれるようにしてください。

ここで、念珠についてお話します。葬儀や法事の仏事の時に、念珠を使用します。念珠の起源につきましては諸説ありますが、仏前で合掌・礼拝するときに使う物です。形や大きさなど色々ありますが、一輪念珠、二輪念珠とあり、玉の数は百八の煩悩ということから、百八個を基本とし、その半数の五十四個、さらにその半分の二十七個が一般的です。また、宗派で念じ方、作法は違い、煩悩を滅するためや、念仏を称えた数を数えるために用いたりします。ただし、浄土真宗では、先に書いた事柄で用いる事はありません。

おまけ 紐が切れた場合は縁起が悪いとかはありませんので、仏具屋さんで修理してもらいましょう。


メモリアルホール高山

2019年12月19日